Google Meet でビデオ会議を行う方法

Google Meet を使用すると、セキュアなビデオ会議を簡単に開始できます。お好きなウェブブラウザの最新バージョンから参加するか、Google Meet アプリをダウンロードしてください。

Google Meet とは

Google では、エンタープライズレベルのビデオ会議機能をどなたにでもご利用いただけるようにいたしました。Google アカウントさえあれば、100 人まで参加できるオンライン会議を作成して、最長 60 分間(2020 年 9 月 30 日までは最長 24 時間)の会議を開催できます。

会社や学校などの組織では、組織内外のユーザーが 250 人まで参加できる会議や、ドメイン内の 10 万人までのユーザーが視聴できるライブ配信などの高度な機能をご利用いただけます。

Google Meet とは
スタートガイド

Google Meet に登録する方法

個人で使用する場合

Gmail、Google フォト、YouTube などの Google サービスをすでにご利用の場合は、既存の Google アカウントにログインするだけで Google Meet も使用できます。

Googleアカウントをお持ちでない場合は、無料でご登録いただけます。

ビジネスで使用する場合

すでに G Suite をご利用の場合は、既存のアカウントにログインするだけで Google Meet も使用できます。

G Suite アカウントをお持ちでない場合は、プランと料金についてのページをご覧のうえ、お客様のビジネスに適したプランをご確認ください。

G Suite 管理者の場合

Google Meet はすでに G Suite と G Suite for Education に含まれています。

G Suite サービスの一環として Meet の使用を開始するには、組織でビデオ通話を有効にしてください。

Google Meet にアクセスする方法

パソコンの場合

お好きなウェブブラウザの最新バージョンを使用してください。ダウンロードは必要ありません

デスクトップ パソコンまたはノートパソコンで、お好きなブラウザの最新バージョンを使って会議を開始したり、会議に参加したりできます。ソフトウェアを追加でインストールする必要はありません。

スマートフォンまたはタブレットの場合

Google Meet モバイルアプリをダウンロードしてください

Google Meet モバイルアプリから会議の参加、主催、画面共有を行えます。Google Play または Apple Store からダウンロードしてください。


会議の基本操作

ビデオ会議を開始する方法

新しい会議を作成

新しい会議を作成

新しいビデオ会議を作成するには、既存の Google アカウントにログインするか、無料で登録します。

オンライン会議に招待

他のユーザーを招待

会議に参加してもらうユーザーに、会議のリンクまたは会議コードを送信します。無料版 Google Meet の場合、招待されたユーザーは Google アカウントを作成するか、既存のアカウントにログインしないと会議に参加できません。

会議に参加

会議に参加

招待状に記載されている会議リンクをタップするか、こちらのページで主催者から受け取った会議コードを入力します。もしくは、招待状に記載されている参加用電話番号と PIN を使用して会議に電話で参加します。

Meet を使ったリモートワークについてサポートが必要な場合は、リモートワーク ツールキットをご覧ください。

無料の機能

Google Meet の無料機能の使い方

100 人まで参加できるビデオ会議を無料で開催できます。Google Meet にはユーザーのデータとプライバシーを保護するための不正使用対策機能も組み込まれています。
会議の開催回数に制限なし

会議の開催回数に制限なし

同僚、顧客、クラスメートなど、誰とでも、何回でも会議を行えます。

会議には 100 人まで招待できます。無料版 Google Meet の場合は、セキュリティ強化のため、招待した相手は Google アカウントにログインしないと会議に参加できません。

会議中の自動字幕起こし

会議中の自動字幕起こし

Google の音声認識テクノロジーにより、発言が自動的にリアルタイムで字幕として表示されます。字幕をオンにするには、Meet 画面上の 3 つの点のアイコンをクリックすると字幕オプションが表示されます(英語のみ)。

あらゆるデバイスに対応

あらゆるデバイスに対応

Google Meet はあらゆるデバイスで動作します。デスクトップ パソコン / ノートパソコンAndroid デバイスiPhone / iPad から会議に参加できます。

組織で Meet をご利用で、会議室の設置に関するサポートが必要な場合は、手頃な価格で高品質の会議が可能になる Google Meet ハードウェアをご購入になるか、Google Meet と Google 以外のシステムの相互運用についての詳細をご覧ください。

映像と音声のプレビュー画面

映像と音声のプレビュー画面

会議コードまたはリンクをクリックした後は、会議に参加する前に、カメラとマイクを調整して、他の参加者に表示される自分の映像を確認できます。またプレビュー画面で、会議にすでに参加している人がわかります。

変更可能なレイアウトと画面設定

変更可能なレイアウトと画面設定

Meet のビデオ会議のレイアウトは、会話の中心となっているコンテンツと参加者がメインに表示されるように自動で切り替わります。

レイアウトを切り替えるには、Meet 画面の右下にある 3 つの点のアイコンをクリックしてください。

会議の主催者向けの管理機能

会議の主催者向けの管理機能

誰でも簡単に参加者を固定、ミュート、削除できますが、プライバシー保護の観点から、自分以外の参加者のミュートを解除することはできません。他の参加者のミュートを解除する場合は、本人に解除してもらってください。

教育機関向けアカウントの場合、他の参加者をミュートしたり、削除したりできるのは、会議を作成したユーザーのみに限られます。遠隔学習に Meet を活用する方法については、Meet を設定して遠隔学習を行えるようにするをご覧ください。

参加者との画面共有

参加者と画面を共有

画面全体またはアプリケーションのウィンドウを固定表示することで、プレゼンテーションを共有したり、ドキュメントを共同編集したりできます。

Meet でプレゼンテーションを行う場合は、効果的なプレゼンテーションのための G Suite 活用法トップ 10 をご覧ください。

参加者とチャット

参加者とチャット

会議中にチャット メッセージを送信する機能を活用して、より有意義な会議にすることができます。ファイルやリンク、メッセージなどを参加者と共有するには、チャット アイコンをクリックしてください。チャット メッセージは会議中に限り閲覧できます。

Google アプリおよび Microsoft Office アプリとの統合

Google アプリおよび Microsoft Office アプリとの統合

会議には、Gmail またはカレンダーから直接参加できます。

Microsoft Office ユーザーを会議に招待することもできるほか、Microsoft® Outlook® カレンダーで会議の予定を表示することも可能です。


ライブ配信などの高度な機能については、プランと料金をご覧ください。
セキュリティとプライバシー

セキュリティ、コンプライアンス、プライバシー

ISO / IEC AICPA FR HIPAA

デフォルトの不正使用対策機能

会議を常に安全に行っていただくために、Google Meet には乗っ取り防止機能やセキュアな会議管理機能などのさまざまな不正使用対策機能が組み込まれています。また、セキュリティ キーを含む 2 段階認証プロセス オプションにも対応しています。

通信時にデフォルトで暗号化

ビデオ会議はクライアントと Google 間での通信時にデフォルトで暗号化されます。Meet は、Datagram Transport Layer Security(DTLS)と Secure Real-time Transport Protocol(SRTP)の IETF セキュリティ基準を遵守しています。

規制要件を遵守

Meet を含む Google のサービスは、独立した機関によるセキュリティ、プライバシー、コンプライアンス管理に関する監査を定期的に受けています。Google が取得している認証と証明書の一覧は、コンプライアンス リソース センターでご確認いただけます。

セキュリティ - データ保護

プライバシー対策とデータ保護

Google Meet は、他の Google Cloud のエンタープライズ向けサービスと同じく、プライバシーとデータを保護するための Google の取り組みの対象となっています。


Meet には、アテンション トラッキングのための機能やソフトウェアは組み込まれていません。

Meet がお客様のデータを広告に使用することはありません。

Meet がお客様のデータを第三者に販売することはありません。
業種別ソリューション

教育機関、医療機関、非営利団体で G Suite サービスの一環としてご利用いただける Google Meet

ビデオ会議機能を必要としている教育関係者、非営利団体、医療従事者の方に、追加のプライバシー機能とツールを備えた G Suite を通じて Google Meet をご利用いただけます。
G Suite for Education

G Suite for Education

学校では、G Suite for Education サービスの一環として Google Meet を無料でご利用いただけます。Meet、Classroom、および G Suite のその他のサービスは、COPPA、FERPA、GDPR などの規制を遵守してご利用いただけます。

ヘルスケア ビジネス向けの G Suite

ヘルスケア ビジネス向けの G Suite

G Suite サービスの一環として Google Meet を使用することで、HIPAA を遵守しつつ、「バーチャル診察」で患者をリモートで看護できます。また、G Suite を使用すると Google ドライブにデータを安全に保管できるため、診察申込書をデジタル化することも可能になります。

G Suite for Nonprofits

G Suite for Nonprofits

参加資格を満たしている組織は G Suite for Nonprofits を無料でご利用いただけます。G Suite for Nonprofits では、Gmail、Google ドライブ、Google ドキュメント、Google Meet などの G Suite のセキュアなビジネスアプリを活用して、非営利団体でのコラボレーションをより効率的に行えます。

トップ企業による Google Meet の使用事例